~Topics/トピックス~
~2017/05/05(金)~

京極町でのオペラ「ヘンゼルとグレーテル」の公演が決まりました。京極町教育委員会の主催で、開催日は1018日です。会場は京極町立京極小学校です。これで17回目の公演です。子どもたちの驚き、楽しむ姿を楽しみに、さらに充実した内容で届けられるよう、万全の準備を整えてまいります。


~2017/04/08(土)~

江別市民音楽振興会の総会が終わり、29年度は「クラシック音楽講座」を4回、特別企画を2回実施することになりました。第1回目は527日(土)で「澄みわたるブラスの響き」をタイトルに、北翔大学に皆さんによる金管五重奏で、ビクター・エワルド作曲 「金管五重奏第3番」「ウェストサイド・ストーリー」を中心に演奏していただきます。第2回目は7月22日(土)で、教育大学の皆さんによる弦楽四重奏です。3回目は新進気鋭のソプラノを予定しています。4回目は、今年から江別市民音楽振興会が取り組みを始めたオペラ分野で、教育大学の学生支援として「愛の妙薬」を取り上げることになりました。平成3016日(土)に公演の予定です。特別企画の1回目はまだ未定ですが、2回目として平成30321日(土)に、道内外でオペラを中心に活躍する方々による「オペラ・ガラコンサート」をえぽあホールで開催します。近くなりましたら順次ご案内致します。


~2017/01/27(金)~

3月12日(日)に江別市のえぽあホールで演奏する、室内アンサンブル「レ・ポムポム」について、その詳しいプロフィールを以下に掲載します。


室内アンサンブル Les pommes2 (レ・ポムポム


ポムとは、仏語でりんごの意。弦楽器を中心に木管楽器、チェンバロ、声楽と多彩な顔ぶれで、札幌及び近郊で活躍するメンバーからなる室内アンサンブル。日本では未だ馴染みの少ない音楽を 演奏だけではなく、照明やステージ進行など聴衆を飽きさせない演出でオペラ・オペレッタを思わせる舞台を提供している。20141月「衝撃のバロック〜知られざるフレンチバロックの世界」で分かりやすい進行と舞台、豪華なゲストを招きクオリティの高い演奏で衝撃的デビューを果たす。20155月開催の第2回公演「フォリア 熱狂のスペイン」ではさらにスペインのバロックと近代音楽を組み合わせ、その試みは聴衆の大きな拍手によって迎えられた。第3回公演は201765日(月)札幌コンサートホールKitara小ホールにて「第1402回 札幌市民劇場 五大元素〜日本の色彩」公演予定。


またLes pommes2 (レ・ポムポム) は室内楽の新しい愉しみ、音楽会の新しい愉しみを届けようと、音楽教室や鑑賞授業、アウトリーチなどにも積極的に取り組んでいる。演奏者は二名から大勢まで、演奏曲もクラシックにとどまらないなど、いかなるニーズにも高い水準で応えている。15,16年の赤れんが音楽会ではアンケート回収率が50%を超え、好評を博す。平成28,29年度の北海道文化財団「文化の宅配便事業」公演団体として今後も北海道内へと幅広く演奏活動を行なってゆきたい

~2016/12/12(月)~

長沼町教育委員会主催による、普段の暮らしの中に溶け込んだ音楽環境づくりを目指した「クラシック音楽講座」は今年度で3年目となります(長沼町に北海道音楽振興会が企画を提供し、今年で7年目になります)。前教育長の相沢氏は「箱物を作り、その維持管理にお金をかけるのではなく、その分で豊かなソフト環境を充実させたい」と日頃から言われておりました。この地道な取り組みこそ、地域の方々の立場に立った真の行政ではないでしょうか。年4回の定例コンサートが着実に実ってきていることを実感しています。まさに、「長沼文化の底力」と言うべきでしょう。

~2016/11/14(月)~

長沼町クラシック音楽講座11月は、いよいよ待望の本格的ピアノ・プログラムです。今回は特に、自らが優れたピアニストである作曲家による作品を集めました。可能な限りの演奏表現と技術を込めた作品ばかりです。この非常に重みのあるプログラムに村上和歌子さんが挑戦してくださることになりました。ぜひご期待下さい。
 画像1
~2016/11/14(月)~

江別クラシック音楽講座の第5回目です。シリーズも3年目を迎え、じっくりと聴いていただける内容になっています。演奏は、これまでヴァイオリンに関する講座で協力いただいた塩谷真央さんと、ピアノ分野で好評だった飯田萌優さんです。ぜおいで下さい。
 画像1
~2016/10/07(金)~

10月15日に「石田敏明ピアノリサイタル」が開催されます。特に「熱情」は、昨年の江別市民音楽振興会の特別企画コンサートで大評判でした。今回のリサイタルは統一されたプログラムで、とても楽しみです。
 画像1
~2016/09/26(月)~

10月19日に千歳市で、市民教養セミナーのひとつとして「音に言葉があるの?」と言うタイトルによりお話とヴァイオリンの演奏があります。北海道音楽振興会としてはこれまでにない企画で、今後の可能性のひつとして期待をしながら準備を進めています。現在、札幌で新しい芸術劇場を建設中ですが、何よりも音楽に関心の高い人たちの層の厚さが不可欠です。今後、この建物の指定管理を受けた財団や音楽関係者の取り組みが大切になってくるのではないでしょうか。特に地元の演奏家や一般愛好者にとって利用・活用のしやすいハード・ソフトの環境づくり(特に予算の配分)をどのよう具体化していくべきかが重要な課題になると思われますが、いかがでしょうか。
 画像1
~2016/08/12(金)~

平成28年度から、江別振興公社が主催(北海道音楽振興会企画提供、江別市民音楽振興会協力)する「クラシック音楽講座」「特別企画コンサート」に市内の小中学生を無料で招待することになりました。江別市校長会、教育委員会のご協力を得て、その都度、児童生徒向けのチラシを作成し配布することになりました。少しずつ子供たちの参加が見られるようになりました。
 画像1
~2016/08/09(火)~

平成28年度「クラシック音楽講座」の第4回目は、一鐵久美子さんのソプラノと村上和歌子さんの豪華組み合わせです。楽しくそして感動的なひと時をお過ごし下さい。ピアノソロも予定されています。どうぞ、ご期待下さい。
 画像1
~2016/08/05(金)~

北広島市、7月28日「夢プラザ、ふれあいデー」では、特に地域の皆さんの熱意を強く感じました。時折、異常なほどの激しさで降る雨の中、三々五々お集まりの様子から、この事業の、これまでの積み上げの力を読み取ることが出来ました。また、会場の雰囲気がとても良かったです。言葉では言い尽くせませんので、写真をご覧下さい。これからもご協力できることを願っています。
 画像1 画像1
~2016/07/11(月)~

今年から、北広島市ふれあい学習センター(愛称:夢プラザ)主催の「ふれあいデー」に企画を提供させて頂くこととなりました。7月28日の企画についてご覧下さい。
 画像1 画像1
~2016/07/11(月)~

「江別クラシック音楽講座」と「特別企画」がほぼ確定しましたのでお知らせします。昨年までは、両方合わせて7回でしたが、平成28年度は9回になりました。すでに2回は終了していますが、ご覧下さい。
 画像1
~2016/04/24(日)~

5年連続で、平成28年度も北海道教育委員会が主催する「巡回小劇場」に、本会が企画・製作する「ヘンゼルとグレーテル」が推薦を受けましたが、鶴居村教育委員会のお力により、9月6日に鶴居村で公演することとなりました。今年も子ども達の驚きと輝く瞳に会えることを、心から楽しみにしています。
~2016/04/01(金)~

江別市民音楽振興会が企画する、平成28年度の全体が決まりました。「講座」が7回、特別企画が2回です。特に今年度から土、日の午後開催とし、小中学生の皆さんにも無料で聴いていただけるようにしました。江別市の校長会にもお願いし、それぞれの企画について、各学校でのポスターの掲示、児童生徒へのパンフレットの配布についてご協力いただけることとなりました。よりいっそう充実した内容のコンサートを実現したいと考えています。
 画像1
~2016/03/21(月)~

3月19日の野幌「春色のきまぐれコンサート」でのピアニスト吉澤さんのお名前が違っていました。お詫びし、訂正いたします。正しくは、吉澤早紀さんでした。吉澤さんは札幌大谷大学作曲コース電子オルガン系・演奏コースを卒業され、エレクトーンコンクール東京エリア1次選考会出場も果たされています(youtubeにも掲載されています)新しい分野での活躍が期待されます。



 画像1

~2016/03/21(月)~

3月19日の野幌公民館での「春色のきまぐれコンサート」には、ロビーコンサートとしては異例とも言える170名以上の皆さんが訪れました。難波陽介さんのアルトサックス(ソプラノと持ち替え)と、吉澤早希さんのピアノによる高い技術に支えられた豊かな演奏は、大いに聴衆を魅了しました。最後の盛り上がりは大変なものでした。アンケートには再演を希望する声が多くありました。ぜひ実現したいですね。
 画像1 画像1
~2016/03/18(金)~

現在、江別市での企画の全体について、検討が進行中です。平成28年度は「クラシック音楽講座」が7回、特別企画が2回の予定です。3月26日の「江別市民音楽振興会」の総会で決定します。
~2016/03/09(水)~

今年の「春色〜」は、当地(北翔大学)出身のサックス、難波陽介さんと、ピアノは多彩な力を発揮している吉澤さんの演奏です。プログラムも「ニューシネマパラダイス主題曲」「リベルタンゴ」「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」そして「蘇州夜曲」など多彩で非常に楽しみです。また、地元のゴスペルグループの演奏もあります。
 画像1
~2016/03/08(火)~

江別市民音楽振興会が主催する「期待される若き演奏家達によるスプリング・コンサート」が開催されます。日時、会場等はポスターの通りです。これまでの企画に対するアンケート等でも、聴衆の皆さんの若い人達に対する期待には大きなものがあります。きっと、今回も大きな感動を得ることが出来るでしょう!
 画像1
~2015/12/26(土)~

「オペラ指揮者マッキーの、おしゃべりコンサート」が終了しました。牧村氏の軽妙な語りと、経験豊かなオペラの歌い手により、2時間30分の長丁場でしたが、最後まで楽しんで頂きました。一般に馴染みの薄いオペラについて、より多くの皆さんに楽しんで頂くための手だてが必要なことを強く実感したコンサートでした。今後も工夫を重ね、オペラに親しんで頂くためのコンサートを企画したいと考えています。
~2015/11/28(土)~

12月24日の「オペラ指揮者マッキーの おしゃべりコンサート」について、チラシ表の演奏者のお名前に間違いがありましたので、訂正しお詫び致します。
 画像1 画像1
~2015/11/24(火)~

12月12日に長沼町で「クラシック音楽講座第3回」が開催されます。今回はピアノトリオで、ハイドン、ブラームスなど意欲的なプログラムです。チラシが出来ましたのでご覧下さい。
 画像1
~2015/11/24(火)~

12月24日「オペラ指揮者マッキーの おしゃべりコンサート」のチラシが出来ましたので紹介します。
 画像1 画像1
~2015/09/23(水)~

江別振興公社主催の「神無月 ピアノ・テノール コンサート」の概要とプログラムです。


 画像1 画像1
~2015/09/22(火)~

9月26日(土)午後1時からの、平成27年度「江別クラシック音楽講座」第3回目の演奏者とプログラムを紹介します。若く、感性に溢れる演奏が期待されますね。演奏会の主旨を踏まえたプログラムで、皆さん期待をしています。


 画像1 画像1
~2015/05/19(火)~

江別市民音楽振興会「クラシック音楽講座」の5月は30日(土)で、札幌大谷大学の川崎さんと駒崎さんのピアノです。モーツァルトからドビュッシーまで幅広いプログラムです。多彩な領域をカバーすることで、一層クラシックに興味を持つ人達が増えることでしょう。7月は佐藤さんのギターと大崎さんのフルートです。27年度も5回が予定されています。
~2015/03/16(月)~

江別振興公社主催による26年度「クラシック音楽講座」も、25日の「ガラ・コンサート」で終了します。そして、平成27年度もこのシリーズを継続する事が決まりました。5月からスタートし、奇数月の土曜日の午後に開催します。また、これまでのシリーズに積極的に参加頂いた「江別市民音楽振興会」の会員も40名となり、今後、この企画にも参加することになりました。より多くの皆さんに楽しんで頂けるものと期待しています。
 画像1
~2014/12/01(月)~

江別振興公社主催の「26年度クラシック音楽講座第4回〜声楽2」が終了しました。会を重ねる毎に参加者が増え、地域も確実に広がりを見せています。次の第5回目は1月24日で森吉さんのピアノです。長沼の全3回シリーズも、北翔大学の皆さんによる、管楽器講座で、参加者の反応も良く、成功裏に終了しました。